ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月16日

ケルンのハルテルが、2部ウニオン・ベルリンへ移籍

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


既報通りケルンのマルセル・ハルテルが、2部ウニオン・ベルリンへ移籍することが確定した。契約期間は2020年まで。


ケルン生まれの21歳は、2002年にSCヴェスト・ケルンからFCケルンへと加入。昨年にケルンとプロ契約を締結しており、これまでブンデス1部では8試合に出場、下部チームが所属する4部では39試合に出場しており、3得点、4アシストをマーク。

「ケルンで長い間すごしたし、これからの新しいクラブで、新しい環境でも、新しい挑戦を楽しみにしているよ」とハルテルは喜びを述べ、一方のウニオンでマネージャーを務めるシュルテ氏は「とても才能ある若者で、ここ数年は素晴らしい育成を受けてきた」と獲得した理由について説明した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報