ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月16日

来季の動向不透明なモデスト「EL出場権を獲得したい」

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 火曜日にはピエル=エメリク・オーバメヤンに対する中国からの巨額のオファーが伝えられたブンデスリーガ。同じく中国からの巨額のオファーが伝えられたのがアンソニー・モデストだが、ケルンとの契約を2020年まで残すフランス人FWは、25得点以上の得点をひっさげてシーズン終了後にクラブとの話し合いを行うことになるだろう。

だがまずは残された今季最終節へと集中する必要がある。今節の結果やポカール決勝戦次第では、ケルンはヨーロッパリーグへの出場権を獲得できるだけに、モデストは「みんなにとって1つの夢なんだ。それをつかみたい。今季は負傷者がつづいて辛いものではあったけど、大きなチャンスがまだのこされている」とコメント。

「このチームのことを信頼しているし、ファンと一緒に実現できるはずだ。僕としては昨季より得点して欧州の舞台への切符を掴みたかったし、しっかりと仕事をこなしたいと思うよ」と意気込みをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報