ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月21日

大迫勇也、8月の決戦へ「少しでも日本の力に」 服装の質問は「うちの嫁が…」と笑顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシックスジャパンは20日、6月から順次発売される2017年秋冬「アシックス」ブランドモデルのローンチパーティを実施。同社と契約するケルン所属の日本代表FW大迫勇也が登場した。

 13日に行われたロシア・ワールドカップ最終予選のイラク戦(1-1のドロー)で先制点を決めた大迫だが、トークショーに登壇直後、「ナイスゴール!」と声をかけられ、「よかったです。難しかったですけど、入ってよかったですね。次、8月と9月にはW杯に行くか、行かないかを決める試合があるので、またそこで、活躍できればと思いました」と振り返る。

 イベントはアシックスのスポーツシーンやライフスタイルシーンで着用できるスポーツアパレルの紹介イベントということもあり、話題はファッションにも。「ケルンは大きい街なので、オシャレな人も多いですね。近くにデュッセルドルフという街もあって、そこでも買い物をします。買い物は好きなので、よく家族で行きます」とコメント。普段着る服装は、「毎日練習があるので」と、この日も着用していたトレーニングウェアのようなものが多いとのことだが、家族で出かけるときなどは「うちの嫁がうるさいので」、と笑顔を見せつつ、服装に気遣っていることをうかがわせた。

 改めて8月31日のオーストラリア戦、9月5日のサウジアラビア戦に向けては、「少しでも日本の力になれるように頑張ります」と力強くコメントを残している。


きんg