ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月05日

完全復活を期すリッセ「土曜日はいけると思う」

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の代表戦期間後からは、過酷なスケジュールが組まれているFCケルン。それにむけて行われた火曜日の練習では、まだ代表戦参加の影響で不在の選手が多く見受けられたのだが、しかしそこには復活を期する1人の主力選手の姿が見受けられた。

マルセル・リッセ。ケルン生まれで、チームにとってリーダー的存在でもあるベテランMFは、その得意のセットプレーや精力的なプレーなどでチームを牽引。しかしながら昨年12月に前十字靭帯を断裂するという大怪我をおい、残り試合での全休を余儀なくされている。

そして復活を期して臨んでいる今シーズンではあるのだが、猟奇離脱の影響がプレーにも見受けられ、さらにここのところは筋肉系の問題に悩まされチーム練習不参加。

しかしながら「うまくいっているよ。土曜日の出場には自信をもてているね」と同選手は述べており、「これから負担に対してどういうリアクションをみせるかチェックしていかないとね」と言葉を続けた。

なおケルンこれから9月9日に行われるアウグスブルク戦を皮切りに、9月14日のアーセナル戦から、ドルトムント戦、フランクフルト戦、ハノーファー戦、レッドスター・ベオグラード戦、そして10月1日のライプツィヒ戦まで連戦が続く。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報