ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月07日

アーセナル戦控えるも、ハインツ「このチームを信じている」

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


もうまもなくして、実に25年ぶりとなる欧州の舞台での戦いが待ち構えている1.FCケルン。特にその初戦の相手がFCアーセナルと、その注目度はさらに高まるばかりだが、しかしその前に控えるブンデス第3節アウグスブルク戦にむけた、チームの集中力には問題はないと、守備の要ドミニク・ハインツは強調している。

「そんな問題なんてないさ。だって僕たちは、開幕からの2試合で思うような結果が残せていないのだから」その言葉通り、いきなり宿敵グラードバッハとのダービー対決となったグラードバッハ戦で敗戦を喫し、つづくハンブルク戦でも1−3と連敗。勝ち点0のまま代表戦期間へと突入する結果となった。

「でもこの期間で、僕たちは頭のなかのリセットボタンを押すことができたと思うね。全てはまたゼロからだよ」とハインツ。「サッカーの世界では、物事が思わぬ形で進むことがあるものさ。一気に上位にいくこともあれば逆に下がることもあるよ」

ペーター・シュテーガー監督就任から、シーズンを追うごとに順調に順位をあげ、昨季は遂にトップ5入りを果たしたということもあり、「確かに僕たちは、本当にとてもいいシーズンを過ごしたことで、高いところに目標を設定しているところはある」としながらも、「でも僕はこのチームが持っている力を信じているし、再び軌道に戻ることができる。ここでは特に警報が鳴っているということはないよ」と言葉を続けている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報