ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月07日

PKで先制点をもたらした大迫「最初から自分で蹴るつもりだった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キリンチャレンジカップ2017が6日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦した。

 50分、FW大迫勇也のPKで先制した日本だったが、59分にバーンリー所属のFWクリス・ウッドに同点弾を決められた。しかし88分、途中出場したMF倉田秋が代表初ゴールを奪い、試合は2-1で終了している。

 試合終了後、先制点を決めた大迫がコメントを残している。

「まずは勝つことができてよかった。PKだったけど、勝利に繋がって嬉しい。あのシーンはチームとして(キッカーが)決まっていたし、自分でも蹴るつもりだった。これからもっと厳しい試合が待っている。レベルアップしていきたい」。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。


きんg