ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月06日

大型DF相手にも抜群の安定感…大迫、PKの場面は「僕が蹴ると決めていた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表を2-1で破った。

 この日も3トップの中央で存在感を放ったFW大迫勇也(ケルン)は試合後、先制点となったPKの場面を聞かれると「決まってました。僕が蹴るって決めたんで」とキッカーに選ばれていたことを明かした。

 クラブでは様々なポジションで起用されることもある大迫だが、日本代表では不動のセンターフォワード。役割に違いもあるが、「ゴール前に入ること、戦うこと、点を取ること。それをワントップの選手はだしていかないと。いいサッカーしても点を取らないとだめ。代表ではそれを意識している」と語った。さらにニュージーランドの屈強なDFとの対戦だったが、「ドイツで慣れてるんで」とさらりと感想を述べた。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。


きんg