ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月03日

大迫勇也が2G1A!【EL:ケルン5−2BATE】

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【得点】
1−0:ツォラー(16分、エズカン)
1−1:ミルノヴィッチ(31分、リオス)
1−2:シグネヴィッチ(33分、リオス)
2−2:大迫勇也(54分、ソーレンセン)
3−2:ギラシ(63分FK、)
4−2:大迫勇也(82分、ビッテンコート)
5−2:ヨイッチ(90分、大迫勇也)

【試合後コメント】
ペーター・シュテーガー(監督:ケルン)「先制点をマークしてからは物足りないパフォーマンスをみせてしまっていた。気持ちも一貫性も十分なものとはいえなかったよ。ああいう戦いを露呈してしまえば、自分たちが置かれている立場も驚くものではないと言えるさ。ハーフタイムでどういったことを話したかは覚えていない。客観的な分析を行なったように思うのだが。あんなことでは勝利など収められるはずがない。多くの点でおざなりにしていたし、あやまったプレーを見せていた。しかしそれでも諦めてはいけないし、こういうことが起きないようにしなくてはいけない。そういったことを話し合ったし、それが功を奏したようだね。交代によって試合を変えられた。この難しい状況で成功をおさめられるのはいいことだよ。国内カップ戦でもヨーロッパリーグでも勝利を収められてよかった。この流れをもちこみたい。これからはブンデスだ。そこで軌道にのらないといけない。残りの試合で全力を尽くしていくよ。特に代表戦への入り方が重要になってくるね」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報