ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月14日

ベルギー撃破へ…大迫勇也が考える「FWとして一番大事なこと」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 翌日に迫ったベルギー代表戦に向け、FW大迫勇也(ケルン)が「考えることはゴールを取ること」と決意を語った。

 10日のブラジル代表戦では前半になかなかプレスがハマらず、苦しい展開を強いられた。その部分については「監督から提案もあったし、選手も自分たちが思っていることを言った」ようで、「すごくみっちりと練習をしたので楽しみです」と修正に手応えを感じている。

 一方、孤立する場面が目立っていた攻撃面については、ブラジル戦よりもプレーしやすくなるとの見解を示した。

「相手が3バックなので逆にスペースが空くかなと思いますね。サイドのスペースもそうだし、僕らにとっては攻めやすいかなと考えています」

 そのうえで、勝つために何が必要なのか。大迫はストライカーとして、貪欲にゴールを狙うつもりだ。

「FWが考えることとして一番大事なのはゴールに向かって行く迫力だと思っているので、まずはそこを出すこと。そういうところを見ないと後ろも勢いづかないと思います。僕がしっかりと戦うことができれば、チームもいい戦いができると思うし、勝ちに近づけると思います」


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報