ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月14日

ケルン、へガーの復帰目処はいまだたたず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


またしてもケルンに残念な知らせがとどいた。ドイツ代表ヨナス・ヘクターが前半戦を全休、さらにマルセル・リッセとドミニク・ハインツがともに、負傷のために長期離脱に入ったばかりのケルン。

さらに大腿筋に負傷をかかえるマルコ・へガーについても、いまだ復帰の目処がたっていないことが明らかとなっている。ペーター・シュテーガー監督は「長引くことになるよ」と肩を落とした。

昨夏にシャルケから、生まれ故郷であるケルンへと移籍したへガーは、初年度から中盤の主力としてリーグ戦30試合に出場。しかし今季は負傷に悩まされ、ここまでリーグ戦での先発はわずかに3試合にとどまっているところだ。

その一方で、内転筋に問題を抱えるクリスチャン・クレメンスについては、検査の結果、もう間も無くして復帰を果たす可能性がある模様。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報