ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月24日

大迫先発のケルン、アーセナルを撃破…EL決勝T進出懸けて最終節へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ(GS)第5節が23日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルン(ドイツ)とアーセナル(イングランド)が対戦。大迫は先発メンバーに名を連ねた。

 ブンデスリーガ開幕12試合で2分け10敗と最下位に沈むケルンが、アーセナルをホームに迎えた。すでにGS突破を決めているアーセナルはフランシス・コクランやジャック・ウィルシャー、オリヴィエ・ジルー、ダニー・ウェルベックらが先発出場。メスト・エジルやアレクシス・サンチェスらはベンチ入りしなかった。

 アーセナルは14分、ペナルティーエリア手前からコクランがミドルシュート。強烈ね一撃で狙ったが、枠の左へ逸れた。30分には左サイドからのクロスに反応したコクランがペナルティーエリア左側からで右足で狙ったが、左ポストを直撃。決定機を活かせず、前半はスコアレスで終了した。

 すると62分、ケルンが均衡を破った。ワンツーで縦へ突破しようとしたセール・ギラシがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。ギラシが自らキッカーを務め、ゴール中央へシュートを決めた。

 アーセナルは反撃に転じ、ウィルシャーのミドルシュートなどでゴールを脅かしたものの、最後まで1点が遠かった。試合は1-0で終了。ケルンがアーセナルを破り、大会2勝目を挙げてグループHの2位に浮上した。大迫は73分までプレーしている。

 ケルンは来月7日のGS最終節で、決勝トーナメント進出を懸けて3位のレッドスター(セルビア)とアウェイで対戦する。公式戦の次戦は26日、ブンデスリーガ第13節でヘルタ・ベルリンをホームに迎える。

 一方のアーセナルは敗れたものの、グループ首位突破が決定。GS最終節ではBATEボリソフ(ベラルーシ)をホームに迎える。公式戦の次戦は26日、バーンリーとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
ケルン 1-0 アーセナル

【得点者】
1-0 62分 セール・ギラシ(PK)(ケルン)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報