ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月13日

最下位ケルンに打撃…大迫勇也が肺炎発症、年内の復帰は困難か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が肺炎を発症したことが判明した。シュテファン・ルーテンベック監督が記者会見で明かしている。

 ケルンの日本語版ツイッターによると、ルーテンベック監督が記者会見にて、13日のブンデスリーガ第16節バイエルン戦に出場できない選手の名を挙げた。大迫は肺炎を発症しているとのことで、同試合を欠場することとなった。地元紙『Koelner Stadt Anzeiger』によると、同選手は来年1月中旬まで離脱する見込みとなっている模様だ。

 ブンデスリーガ開幕15試合勝ちなしと深刻な状態にあるケルン。王者相手のアウェイゲームを前に大迫の離脱も決まり、打撃を受けることとなってしまった。



きんg


  • ブンデスリーガ・各チーム情報