ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月20日

ケルン、ブンデス2部得点王ジモン・テロッデ獲得

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


FCケルンは既報通りシュトゥットガルトからジモン・テロッデを獲得した。29才のベテランには、今夏に移籍したアンソニー・モデストの穴埋めの一旦を担うことが期待される。2009年から2011年までケルンに在籍した経験をもつ同選手にとっては、今回の移籍は古巣への復帰という意味合いも加味された。契約期間は2021年まで。

「ジモン・テロッデはフィジカル面で強く、彼のシュート力は決定率という形でもすでに実証済みだ。それに人間としてもできた人物だよ」と、先日ケルンのマネージャーに就任したアルミン・フェー氏は説明。

昨シーズンにテロッデは、ブンデス2部にて25得点をマークして得点王に輝くなど、シュトゥットガルトの1部返り咲きに大きく貢献。しかしながら今シーズンはここまで15試合に出場して2得点を、思うようにことがはこんではいない。

復帰にあたって192cmの大型FWは、「ケルンではとてもいい時間を過ごしたし、戻れることをとても楽しみにしているよ。ケルンは僕が最初にプロの道へと上がった場所でもあるし、このライン・エネルギー・シュタディオンの独特の雰囲気もよく知っているんだ。とコメント。

現在チームはわずか勝ち点6と最下位で折り返し、火曜日にはDFBポカール16強マインツ戦で敗退を喫したが、後半戦での戦いに向けて、同選手は「もちろん後半戦はタフなタスクが僕たちの前に待ち構えている。でも僕たちは1部残留を成し遂げられるように全てを出し切るよ」と、意気込みをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報