ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月17日

ケルンのラウシュ、メディカルチェックのためモスクワへ

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


既報通り、コンスタンティン・ラウシュのディナモ・モスクワへの移籍が間近にまで迫っている。27才の左サイドバックは本日にもフランクフルト空港から一路モスクワへ。そこでメディカルチェックを済ませて、新天地との新な契約にサインする見通しだ。移籍金額はおよそ200万ユーロ。

たしかに週末に行われた後半戦初戦、宿敵グラードバッハとのダービーでは、試合終了間際にジモン・テロッデに決勝ゴールをアシストする活躍をみせていた同選手。だが昨季は中盤にスライドしていたドイツ代表左SBヨナス・ヘクターの復帰や、CBもこなす若手DFヤネス・ホルンも控えており、ロシア代表として母国開催のW杯出場をめざす同選手としては厳しい状況におかれていた。

ユース代表時代では一貫してドイツ代表としてプレーしてきたラウシュは、左サイドバックを本職としながらも、持ち前の攻撃力をいかして前線でもプレーが可能。これまで所属したハノーファー、シュトゥットガルト、ダルムシュタット、そしてケルンではブンデス1部通算246試合に出場して13得点をマーク。昨年にロシア代表入りを決断し、ここまですでに4試合で出場しているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報