ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月23日

奇跡の残留目指すケルン、2点差から意地の追い上げも勝利ならず…大迫は出番なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第31節が22日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンとシャルケが対戦した。大迫は9試合ぶりに先発を外れ、ベンチスタートとなった。

 試合は早い時間に動く。5分、カウンターを仕掛けたシャルケは、左サイドの裏に抜け出したイェウヘン・コノプリャンカがペナルティエリア内へ侵入し、GKを引きつけて中央へラストパス。これをブリール・エンボロが押し込み、先制ゴールとなった。

 1点リードのシャルケは23分、再びカウンターを仕掛けると、左サイドで受けたコノプリャンカがDFをかわしてエリア内へ持ち込む。最後はGKとの一対一を制してゴール右隅にシュートを流し込み、点差が広がった。

 苦しくなったケルンだが、すぐに1点を返す。26分、ヨナス・ヘクターからのスルーパスでエリア内右に抜け出したレオナルド・ビッテンコートがGKのニアサイドを打ち抜き、スコアは2-1となった。

 後半は互いに得点を奪えない時間が続いたが、終盤の83分にケルンが追いつく。ゴールまでやや距離のある位置でFKを得ると、ビッテンコートが右にずらし、マルセル・リッセが右足一閃。無回転のボールがゴールネットに突き刺さった。

 ケルンはここから逆転を目指したが3点目は生まれず、試合はこのままタイムアップ。2-2の引き分けに終わった。なお、大迫に出場機会は訪れなかった。

 最下位に沈むケルンは勝ち点1を加えたものの、入れ替え戦出場となる16位フライブルクとは残り3試合で8ポイント差と、残留は絶望的に。一方、2位シャルケは5位ホッフェンハイムとの差を7とし、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく近づいている。次節、ケルンは28日にアウェイでフライブルクと、シャルケは同日にホームでボルシアMGと対戦する。

【スコア】
ケルン 2-2 シャルケ

【得点者】
0-1 5分 ブリール・エンボロ(シャルケ)
0-2 23分 イェウヘン・コノプリャンカ(シャルケ)
1-2 26分 レオナルド・ビッテンコート(ケルン)
2-2 83分 マルセル・リッセ(ケルン)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報