ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月03日

ドイツ代表、ヨナス・ヘクターが代表招集を辞退

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これから迎える代表戦期間では、ドイツ代表はネイションズリーグ初戦となるフランス代表戦、そしてペルー代表とのテストマッチが控えているところだが、しかしながらそこで招集を受けていたヨナス・ヘクターが代表を辞退することを明らかにした。

 これは月曜日に同選手が所属する1.FCケルン、そしてドイツサッカー連盟が発表したものであり、ヘクターとレーヴ代表監督は、今回の代表参加は見送るということで合意に達したとのこと。

 今季ヘクターが所属するケルンはブンデス2部で迎えており、ブンデス1部がこれまでリーグ戦2試合を消化しているのに対して、2部ではすでに4試合を消化。「負担の大きさ」を考慮して今回の決断へと至ったと説明している。

 なお昨日に行われたザンクトパウリ戦では、開始から30分経過するまでに2点をリードされる苦しい展開となりながらも、前半のうちに同点に追いつき、さらに後半立ち上がりから2点を即座に加点。しかしながら再びザンクトパウリに1点差に詰め寄られる手に汗握る試合展開となっており、ヘクターはこの試合で主将としてフル出場を果たし勝利へと貢献している。

 そのため今回は代表参加をみおくって、個人練習を行いながら体力の回復と調整を行なっていく考えであり、木曜日に行われる3部ヴィースバーデンとのテストマッチも欠場。2部の次戦は9月16日に行われ、相手はSCパダーボルンだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報