ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月20日

ライプツィヒ、ザルツブルクからケイタ獲得

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

RBライプツィヒは姉妹クラブであるRBザルツブルクから、7人目となる新戦力ナビ・ケイタを獲得した。移籍金額はクラブ史上最高額となるおよそ1500万ユーロで、契約期間は2020年まで。


21歳の攻撃的MFの移籍については、これまでにも伝えられていたことではあったが、ラングニックSDが「トップクラブからの関心が寄せられていた」と認めていた状況から交渉は長期化。しかし月曜日にはギニア代表の獲得に成功している。


ラングニックSDは「ここを次の成長の場として決断してくれて嬉しい。彼のもつダイナミズムさ、素晴らしいテクニック、戦術的能力、そして彼の人間性という面からも、我々のような若いチームにとって理想的な補強だよ」と喜びを語った。


ケイタは2014年にザルツブルクに加入して以降、ここまでオーストリア1部で81試合に出場しており、国内2冠を達成した昨シーズンでは、シーズン最優秀選手にも選出されている。