ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月07日

ドルトムント戦でのブンデスデビューを目指すケイタとバーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1473176327
代表戦から続々と選手たちが復帰する中、デンマーク代表ユスフ・ポウルセンが回復に努めるトレーニングを行う一方で、スコットランド代表から戻ってきたオリヴァー・バークは、午前の練習では新しいチームメイトらとともに汗を流した。

ただその後は、早めに練習を切り上げていたのだが、ハーゼンヒュットル監督によればあくまで負担を考慮してとのことで、週末のドルトムント戦でブンデスデビューを果たすことができそうだ。しかし今夏期待の右ウィングとはいえ、いきなりの先発起用はサプライズだといえるだろう。

さらにポカール1回戦で中足に打撲を受け、開幕戦では欠場を余儀なくされたナビー・ケイタが、フルメニューをこなした。これにより21歳のギニア代表ボランチには、ブンデスデビューを果たすためのゴーサインが出されたことになる。

なおライプツィヒは、9月21日に行われるホーム第2戦グラードバッハ戦のチケット約4万3000枚が、すでに完売したことを発表した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報