Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月06日

バーク「ここにこれて嬉しい」

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nottingham Forest s Oliver Burke during the Sky Bet Championship League match between Nottingham For
月曜日の午後16時、当初の予定よりも1日前倒しする形で、オリヴァー・バークがライプツィヒの練習場に姿をみせた。日曜日に行われたW杯予選のマルタ戦で出場したスコットランド代表は、「ここにこれて嬉しいよ」と喜びを見せている。19歳の期待のウィンガーに対して、ライプツィヒは移籍金1500万ユーロを投じた。「目標は日々勉強していくこと、そして練習場でチームメイトと一緒に高めていくことだよ」とコメント。プレッシャーをかけていく考えはなく「まずはここについてしっかりと見ていく」と述べ、「スポンジのように吸収していきたいね」と語った。


ライプツィヒのプレーについては「何度かみた」というバークは、このチームが掲げるプレスや素早い切り返しが「完璧に自分に合っている。一緒にプレーするのが待ちきれない」と考えており、「僕にとって完璧なクラブだと思うね。ブンデスリーガがファンタスティックなリーグだ。すべてが見事に組織化されている」と評価。ライプツィヒの環境については「星5つ」をつけている。


ただ加入を決断する前はライプツィヒのことは知らなかったとのことで「インターネットでどこにあるのかチェックしたよ」とバークは笑顔をみせた。これからは十分にこの新しいホームを知り、そしてそう時間がかからずにブンデスリーガでそのオリヴァー・バークの名が知られていくことだろう。


バークは火曜日から最初の練習に参加する予定となっており、もう1人の新加入選手キリアコス・パパドプロスについては、火曜日にギリシャvsジブラルダル代表戦があることから水曜日より参加。また負傷や病気を抱えていたカイザー、クロスターマン、デメ、ハルステンベルクらは全員、月曜午後の練習で姿を見せている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker