Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月11日

ライプツィヒ、少ない選手でトレーニング実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RB Leipzig v 1. FSV Mainz 05 - Bundesliga
代表戦期間によりバーク(スコットランド)、フォルスベリ(スウエーデン)、グラーチ(ハンガリー)、イルザンカー、サビッツァ(オーストリア)、ケイタ(ギニア)、パパドプロス(ギリシャ)、ポウルセン(デンマーク)、ゼルケ、ヴェルナー(ドイツU21)、フェヒナー(ドイツU20)が不在のライプツィヒ。

そのためハーゼンヒュットル監督は木曜の練習では、オルバン、コンパー、シュミッツ、ハルステンベルク、デメ、ケディラ、カイザー、カルマー、ボイドの9人のフィールドプレーヤーに加え、コルトルティ、ミュラー、ソヴァデの3GKを集めてとりおこなった。

なおティモ・ヴェルナーとダヴィー・ゼルケについては、木曜に行われるトルコ戦参加後に離脱、またデンマーク代表に参加中のユスフ・ポウルセンは金曜のカザフスタン戦のみ出場し、週末の休日を経て、2部練習が予定されている月曜日から練習復帰を果たす。

そのトルコ戦ではドイツ代表は1−0で勝利。クラブとは異なりフル出場したゼルケは、「実戦経験を積めることはいいことだ」と喜びをみせるも、「もっとチャンスはあったし、もっとリードしなくてはいけなかった。ただいいパフォーマンスではあったけど」と振り返った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker