Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月17日

ライプツィヒ、クイズ$ミリオネアの不正解者に粋な計らい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hasen800-1478270747
RBライプツィヒが、クイズ$ミリオネアの不正解者に粋な計らいをしたことを、Sport1が伝えた。

11月14日放送のドイツ版クイズ$ミリオネアで、ある医学研修生がクイズに参加。そして500ユーロ(約58000円)の問題に正解し、その次の4000ユーロ(約47万円)をかけて出されたクイズというのが、以下のものである。

問題:今シーズンから就任した監督で、開幕から好調なシーズンを戦っている、苗字に動物が入っている人物は?

A:フランツ・カッツェンクレッペ(=猫の出入り口)
B:ゼップ・フンデフース(=犬のハウス)
C:ラルフ・ハーゼンヒュットル(=うさぎ小屋)
D:ブルーノ・ベレンビュドヒェン(=熊の家)

序盤ということで、少しシャレの効いた問題だ。だがここで彼が出した答えはなんと、Bのフンデフース(=犬小屋)だったのである。

この珍回答は、すぐにネットでも記事になるほど話題となり、ライプツィヒも公式ツイッターでこのことについて言及するコメントをツイート。

そしてその後、ライプツィヒは彼にハーゼンヒュットル監督をぜひ知ってもらおうと、試合に招待することを明らかにした。

記事のなかでハーゼンヒュットル監督は「番組を見ていたわけではなく話を聞いてね」
と述べ、「もちろん笑ったし、ぜひ彼を招待して知り合えればと思うよ」とコメント。

結果としてその医学研修生は、4000ユーロを手にできなかった代償として、「スタジアムでハーゼンヒュットル監督と会える権」を手にしたのである。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker