ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月18日

ドイツ代表初招集のデメ「マジョルカへの旅行は取りやめた」

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




水曜日に発表されたコンフェデ杯に向けたドイツ代表メンバーのうち、初招集をうけたのが6選手。そのなかの一人ディエゴ・デメは「とにかく嬉しいよ。最高の気分さ」と喜びを爆発させた。

25歳のボランチは、今回はチームメイトのティモ・ヴェルナーとともに招集をうけており、「本当は恋人とマジョルカへの旅行を計画していたんだけど、でも幸い予約はまだ入れていなくてね。これからイタリアへのミニ旅行に切り替えるところさ」と言葉を続けている。

なおドイツ代表のシュナイダーACからは、デメのような「ここまで積極的にボールに向かって取り組む精力的な選手のタイプはそういない」と伝えられたとのことで、「参加するからには、ただベンチに座らないようがんばりたい。プレッシャーはないし、とにかく楽しんで多くのことを吸収してきたいと思う」と意気込みをみせた。

イタリアの国籍も有する同選手は、2014年1月にパダーボルンから当時3部のライプツィヒへと加入。そこからチームとともにブンデスリーガへと飛躍を果たしており、「この3年間は僕にとって完璧なものとなった。まさに夢のようだよ。そして今回は代表からの招集をうけることができている。これは今季飛躍をとげた今シーズンの僕たちを象徴することさ。チームの結果なくして、僕が注目されることなどなかっただろう」との考えも示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報