ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月10日

オーストリア代表イルザンカーが負傷

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ワールドカップ出場を逃し、モルドヴァ代表戦がマルセル・コラー監督最終戦となったオーストリア代表。しかしそこには、ライプツィヒのシュテファン・イルザンカーの姿が見受けられなかった。

同選手はつま先に骨折を抱えたことを日曜日に、自身のインスタグラムにて報告しており、そのため少なくとも代表戦明けに行われるボルシア・ドルトムント戦は欠場を余儀なくされることになる。

身長189cmの守備のスペシャリストは、本職はボランチながらも、右サイドバックやセンターバックでもプレー可能と、そのポリバレントさからもチームにとって重要な存在となっており、昨季からここまでブンデス1部38試合に出場している。