ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月16日

デンマーク代表FWユスフ・ポウルセン「夢がかなった」

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日から続々と代表選手たちが復帰しているライプツィヒ。イタリア代表とのプレーオフを制し、ワールドカップ行きを果たしたエミル・フォルスベリをはじめ、ティモ・ヴェルナー、マルセル・ハルステンベルク、マルセル・サビッツァ、ブルマ、ルーカス・クロスターマン、コンラッド・ライマー、そしてユスフ・ポウルセンがチームに合流した。

だがそのなかでも特にポウルセンからは非常に明るい雰囲気が感じ取れた。デンマーク代表FWは、アイルランドとのプレーオフを制し、フォルスベリと同様にワールドカップ行きを確定。「出場権を獲得することができて、本当に嬉しいよ」と喜びを語っている。

ダブリンでの決戦では、ポウルセンは70分にわたって4−2−3−1システムの右ウィングとしてプレー。「大きな夢が実現したよ。この出場のために僕たちは戦ってきたんだ。そしてロシア行きを勝ち取ってみせたよ」と胸をはった。

だが水曜日からはすでに、193cmの大型FWの視線は週末のレヴァークーゼン戦へと向けられており、今回のワールドカップ出場権獲得、そして前節のハノーファー戦では今季3得点目をあげるなど、この勢いをいかしてベイ・アレナでの戦いにのぞみだいところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報