ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月21日

ライプツィヒのコンパーがセルティックへ移籍

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


RBライプツィヒのマルヴィン・コンパーが、3年半すごしたチームに別れをつげ、スコットランドのセルティック・グラスゴーへ移籍することを決断した。契約期間は2020年まで。

ラルフ・ラングニックSDは「マルヴィンは非常に経験豊富で、CL出場権獲得に到るまでチームの発展のために貢献してくれた選手だ。」と評価。「長期にわたって密接にともに取り組んできたことを嬉しくおもうと同時に、彼がセルティックという伝統あるクラブで、タイトル争い、そしてCLでプレーするチャンスを手にしたこともまた嬉しく感じているよ。今回のチャレンジがうまくいくように願っている」とエールを送った。

ただし今シーズンのコンパーは、ここまでチーム内で役割を得られておらず、リーグ戦2試合の途中出場と、CLでの1試合のみの出場に止まっており、これからは新天地で新たなチャンスを模索していくことになる。なおセルティックでプレーするドイツ人選手は、アンドレアス・トム、アンドレアス・ヒンケルにつづいて3人目。

コンパーは「これまで常に、僕だけでなくチームみんなを支えてくれた全てのファンに感謝の言葉を述べたい。ここの団結力はさらに僕を成長させてくれた」と感謝の気持ちを述べ、「セルティックはタイトル争いを演じるチームであり、それはこれまでの僕のキャリアのなかで欠けていた部分でもあるんだ」と、32才での挑戦の理由について説明している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報