ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月27日

セットプレーでの守備を改善したいライプツィヒ

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末には監督が交代したばかりのハンブルガーSVをホームで迎え撃つライプツィヒ。これまで監督を務めていたギズドル氏とは異なり、ホラーバッハ監督は3バックを好むことからも「ある程度の変化」が見込まれている。

「彼のことは実はよく知っているんだ。それにヴルツブルクで素晴らしい成功をおさめたね」と明かしたラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、「これまでにもホームでは同じ形で戦った経験があるしね」とコメント、特にシステムに関する悩みはないようだ。

ただその一方で頭の痛い悩みの1つが、セットプレーにおけるディフェンスである。実はここのところ許している9失点のうち、実に8失点がセットプレーからのものなのだ。「そのことはだいぶ前からテーマになっている。個人的なミスによるところが多いよ」と指揮官。

そのあたりは特に、1年前にもライプツィヒ戦でヘディングで決めたキリアコス・パパドプロスがいることからも、このあたりの改善ははかっていきたいところだ。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報