ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月13日

サビッツァとデメ復調、フォルスベリは直前の判断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ライプツィヒで行われた今週の練習では、マルセル・サビッツァとディエフォ・デメの姿が見受けられた。両選手ともに、週末に行われたアウグスブルク戦では風邪のために出場を見合わせた両選手だが、木曜に行われるヨーロッパリーグでの出場には支障はないとみられる。

さらに複雑な腹筋の問題を抱えるエミル・フォルスベリについても、月曜日には初めてフルメニューに参加しており、ヨーロッパリーグでの参加についてはその直前となる水曜日に判断が下されることになる。

一方で欠場が確定しているのは、前十字靭帯を断裂しているマルセル・ハルステンベルクと、今冬加入の新戦力アデモラ・ルックマン。ただルックマンに関しては体調面での問題ではなく、今季すでにELに出場しているために参加不可。


またラルフ・ラングニックSDはkickerとのインタビューに応じ、他クラブからの関心が伝えられるドイツ代表FWティモ・ヴェルナーについて「ティモは来季も我々とともにプレーすることはわかっている」と強調。さらに契約延長をめざしていることを明かした。

昨季に21得点をマークして一躍A代表入りを果たしたシューティングスターは、今季もここまで10得点をマーク。ライプツィヒとの契約は2020年まで残されている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報