ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月08日

フォルスベリ、ゼニト戦を前に「勝利を収めたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズンはクラブ史上初となる、欧州の舞台での戦いに臨んでいるRBライプツィヒ。今季これで9度目となる国際試合では、昨季ドイツ2位のライプツィヒが昨季ロシアリーグ2位ゼニトと激突することになるのだが、エミル・フォルスベリは「下馬評で優位にたつクラブはない」との考えを強調した。

「熱い試合になることだろう。とても良いチームだと思う。特にオフェンス力に優れているね。それにとても多くの経験豊富な選手が揃っているチームでもあるよ」

なおゼニトはまだ今年に入って1試合しか行なっておらず、リズムに乗れていない可能性もあるが、このことについてはフォルスベリは意に介さず「僕たちはトップパフォーマンスをピッチで発揮しないと。そして相手を倒せるという気概をみせなくてはならないんだ。常に勝利を収めたいし、そのためのクオリティももっている」と意気込みを見せた。

またそのフォルスベリは、複雑な腹筋の問題により長期離脱を強いられてきたものの、ここのところはリーグ戦で2試合続けて71分以上プレー。この試合ではさらに長い時間プレーする可能性がある。その一方で大腿筋に問題を抱えるケヴィン・カンプルについては別メニューをこなしており、今回のゼニト戦では休養をとる可能性もあるだろう。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報