ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月07日

NYレッドブルズのマーズチ監督退任、ライプツィヒの監督?それともAC?

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


木曜日から土曜日にかけて、選手たちがメディカルテストを実施しているRBライプツィヒ。日曜日は休日にあてられ、その翌日からいよいよ新たなシーズンにむけてスタートを切ることになるのだが、おそらくその時にはこれまで未決となっていた今季の監督の名前が明らかになることだろう。

可能性として考えられるのは、かつて2部から1部へ昇格した際に採用した、ラルフ・ラングニックSDの監督兼任である。だがもう一つの可能性がここに来て浮上。姉妹クラブのニューヨーク・レッドブルズは、「別のチャンス」のためにジェシー・マーズチ氏がチームを後にし、新たにクリス・アルマス氏が監督を務めることを発表した。

そしてkickerが得た情報によれば、そのマーズチ氏の行き先はドイツ・ライプツィヒであり、そこでの可能性としてはラングニック氏をアシスタントコーチとして支えること、もしくは1年間の期限付きの監督としてチームの指揮をとることも考えられるだろう。

そのほか監督候補として考えられるのは、ライプツィヒU19で監督を務めるロベルト・クラウス氏や、先日までレヴァークーゼンでビデオ分析担当を務めていたラース・コルネトカ氏などの名前があがっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報