ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月13日

正GKグラーチ、98試合を経て遂にライプツィヒの背番号「1」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒにとって非常に大きな存在となっている、守護神のペーター・グラーチ。最近2シーズンで28才のハンガリー代表GKは、1部昇格からチャンピオンズリーグ、そしてヨーロッパリーグ出場権獲得に主力として貢献してきた。(今季のkicker採点平均は2.82)
 
 そしてその立場が、公式戦98試合出場を経て、遂に背番号にも表されることになる。RBザルツブルクから加入以降、「32」を身につけてきた同選手だが、新たなシーズンからは「1」を着用することが、木曜日にライプツィヒのクラブ公式Twitterにて発表されている。

 なお木曜日は3部降格を喫したカイザースラウテルンへのレンタルから戻ってきたGKマリウス・ミュラーが、軽い筋肉系の問題により練習を休養。またディフェンダーのコンラッド・ライマーの方は、金曜日から再び練習参加の見通しだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報