ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月18日

前十字靭帯断裂のハルステンベルクが練習復帰

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表マルセル・ハルステンベルクが、前十字靭帯断裂以降、はじめて練習を行った。26才のサイドバックは、ピッチで個人練習を行っており、これにはクラブ首脳陣を喜びを見せている。

 1月なかばに行われた練習にて、左膝の前十字靭帯を断裂した同選手は、そのまま後半戦での全休を余儀なくされており、今夏のロシアで行われたワールドカップ出場も逃す結果となった。

 なおハルステンベルクは昨年11月に行われたイングランド代表戦にて、先発出場しその後が期待されるようなパフォーマンスをみせている。

 またライプツィヒでは他のクラブよりも先駆けて、今月おわりに最初の公式戦、ヨーロッパリーグ予選が7月26日の日本時間25時半から、BKヘッケンとFKリエパーヤとの勝者(初戦はヘッケンが3−0で勝利)と対戦する。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報