ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月01日

W杯で活躍のフォルスベリ、EL予選&出産のためにスウェーデンへ

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日に行われるヨーロッパリーグ予選第2試合にむけて、11人のプロ選手とユース選手という布陣で構成されたメンバーで臨むRBライプツィヒ。そのなかには、今夏にロシアで行われたワールドカップにて、スウェーデン代表として参加していたエミル・フォエルスベリの名前も含まれているのだが、その理由は母国での試合開催に臨むというだけでなく、もう1つの理由もあることが明らかとなった。

 それは、フォルスベリの妻の出産が控えているためであり、予定では今週土曜日に誕生する見通しとのこと。そのためフォルスベリは試合後もチームは合宿地となるオーストリアに戻るなか、フォルスベリはそのままスウェーデンにとどまるることになる。

 なお同選手はビルト紙とのインタビューに対して、ワールドカップ開催前にASローマからの関心が寄せられていたことを明かし、評価へ喜びをみせつつも「今はライプツィヒの事にだけ集中している」と宣言。ライプツィヒ側としても、契約を2022年まで残すフォルスベリの売却を焦る必要などはなく、先日ラルフ・ラングニック監督兼SDは「よほどいろんな事がマッチしない限り意見が変わる事はない」とコメント。ワールドカップでは活躍をみせたフォルスベリだが、いったいどのあたりがライプツィヒの上限金額となるかについてはまだ明らかにされていない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報