ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月20日

レアルから関心のドイツ代表ヴェルナー、ラングニック監督は「移籍は無い」

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 スペインのマルカ紙は改めて、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに対するレアル・マドリードからの関心について報じたが、日曜日にドイツ杯初戦に臨んだラルフ・ラングニック監督兼SDは、その開始前に移籍について「まったく考えにない」と一蹴した。
 
 「それにティモ自身、我々に対しても伝えているが、これまでのインタビューの中でも、明らかに今シーズンはここライプツィヒでプレーするということを示しているではないか。さらに来季から監督に就任する、ユリアン・ナーゲルスマン監督下で少なくとも1年はプレーの希望についても口にしている」

 そのためライプツィヒとしては同選手の売却というより、むしろ「契約の延長¥について取り組んでいるところであり、もう間も無くして同選手の代理人との話し合いも熱を帯びてくることだろう。

 なお今夏にロシアで行われたワールドカップにて、ドイツ代表のトップとして先発出場していたヴェルナーは、この日行われたドイツ杯初戦では胃腸に問題を抱えたために欠場している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報