ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月31日

アウグスト移籍ならレバークーゼンにボーナス

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




シャルケからの関心が伝えられたレナート・アウグスト。ブラジル王者コリンチャンスにてプレーする27歳は、2013年にレバークーゼンから2016年までの契約で移籍しているが、レバークーゼンでマネージャーを務めるヨナス・ボルト氏は、再移籍の際に関わる条項が契約に含まれていることを明かした。


それによればレバークーゼンは、アウグストが再移籍をする際に、移籍金額の40%を手にすることになる模様。


すでにドイツ再挑戦への希望を述べているアウグストは、コリンチャンスとの間で800万ユーロで移籍可能となる例外条項を含めており、これならばレバークーゼンは320万ユーロを手にすることになる。


それと同時にボルト氏は地元紙に対して「意義ある補強のチャンスがあれば手を打つ」と、今冬での補強についても示唆した。






ガイスドルフ氏が現場をあとに

Abschied in den Ruhestand: Jürgen Gelsdorf.


1979年に当時2部だったレバークーゼンに加入したユルゲン・ガイスドルフ氏(63)。リーグ戦296試合に出場し、1989年にはACを、2005年復帰からユースセンター長を務めてきた同氏だが、25年に渡ったレバークーゼンでの現場生活にピリオドが打たれることとなった。


「年齢にふさわしいよ。少し寂しいが、自分で決断したことだがね」と同氏。


組織としては部長として在籍しつづけることになる。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報