ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月29日

キースリング「いい判断ができていなかった」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kies8-1453974863

2シーズン前には得点王に輝いたシュテファン・キースリング。だがここまではわずか3得点にとどまっており、kickerとのインタビューに応じたベテランFWは「ゴール前での冷静さが欠け、正しい決断を下せていないところがあった。それは認めなくてはいけない」と語った。

レバークーゼンはチチャリート一人に頼るシーズンが続いおり、「今は僕たちには打開力が欠けている」とコメント。「そのあたりに取り組む必要がある。チャンスはあるというのに、間違った決断をしているんだ。また100%うまく機能できていない、そういうところがある」との見方を示し、さらに32歳のベテランは自身について「僕は一番若い選手じゃないんだ。ピッチでもしかすると、疲れの影響もあるかもしれないね」と述べている。

なお今節対戦するハノーファーは、先日まで移籍先として名前が挙がっていたクラブだが、キースリングは「1部残留を果たせるよう勝ち点を重ねることを願っているよ。この試合のあとでね。」とエールを送った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報