ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月13日

チチャリートに続きクラマーも欠場へ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bayer 04 Leverkusen - SV Werder Bremen


チチャリートが臀筋の負傷のため離脱が伝えられたが、さらにクリストフ・クラマーも風邪をこじらせていることが伝えられた。


果たしてシュミット監督はケヴィン・カンプルとともに、誰をダブルボランチの一角として起用することになるのだろうか。


現在はベンダーやアランギスも離脱しており、決して残されたオプションは多くはない。


1つのアイデアとしてはチャルハノールの起用だが、昇格組に対して攻撃的に臨める反面、フィジカルなダルムシュタットを相手に不安は残る。


2つめのアイデアは、パパドプロスの起用だ。こちらはフィジカル面ではマッチしており、最も可能性がたかそうだが、しかしビルドアップをそこまで得意とするわけではない。


3つめのアイデアとしてあげられるのはパパドプロスと同様に、DFのイェドヴァイやラマーリョをボランチに起用し、右SBにはベテランのヒルベルトを起用するというもの。ともにボランチ経験のあるDFだ。


最後にボランチを本職とするフレイの起用も考えられるが、果たして19歳に先発が務まるのかという疑問は残る。




試合前コメント

監督:ロジャー・シュミット
ELリスボン戦は厳しいだろう。ドルトムント戦でもわずかなチャンスがあるかんじだね


… 主将ベンダーやアランギスが長期離脱
そこでチャルハノールやベララビといった選手たちが活躍できずにいる。重圧を背負わなくてはならないのでね。それで軽さが欠けてしまうのだ。


… チームへの期待値について
CLに出場しながら、CL出場権を獲得すること、さらにポカール決勝にすすむなんてことは、決して容易なことではない。期待に応えるということは、1つの大きなチャレンジなのだよ。


目標を高く設定するなら、達成できないリスクがある。目標を低く設定するなら、おざなりになってしまうリスクがある。・・・冗談なのだが、誰も気づかないとは思っていたよ。いろんなことを考えてしまうのだろうからね。


私は我慢強いタイプで、批判についても理解できる。自分で記事を書くことすらできるくらいさ。


とにかく一番の薬は、次の試合で勝利を収めることだよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報