Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月01日

カンプルの骨折が判明!長期離脱へ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1456760537

ケヴィン・カンプルが長期離脱に入ることが明らかとなった。筋損傷と骨髄浮腫により離脱とされていた同選手だが、CTによる精密検査の結果、左足の腓骨(ひこつ)に骨折が見られることが判明している。


そのため既にカンプルは、ギプスを装着して安静にしており、離脱期間は特に明かされていない。


昨夏にボルシア・ドルトムントからレバークーゼンへと復帰したカンプルは、ドルトムントでは出場機会の確保に苦しんだものの、レバークーゼンでは主力として活躍。前半戦のポジション別ランキングでは、ボランチ部門で2位に選ばれていた。


しかし先日行われた古巣戦にて負傷。ここ2試合はチャルハノールが代役を務めていおり、リスボン戦では好パフォーマンスを見せたが、ホッフェンハイム戦ではkicker採点4.5と精彩をかいている。


育成力を示したいレバークーゼン


前節ではクルーゼと64分に交代を命じられたユリアン・ブラント。バイエルンやドルトムント、さらにはプレミアのクラブとの争奪戦を制し獲得したMFのポテンシャルの高さは折り紙つきであり、また性格についても「向上心がある」「学習へ意欲的」など良い話しか聞かれないのだが、しかしここまではkicker採点4.09と期待に応えているとはいえない。


若手にとって、好不調の波の激しさはつきものではあるが、シュールレやディダヴィのように、ダイヤの原石を代表選手にまで磨き上げてきたレバークーゼンとしては、ここでもその手腕を発揮してブレイクへと導きたい。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker