ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月01日

主将ラース・ベンダーが筋損傷で復帰遅れる

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1456831079

ケヴィン・カンプルの長期離脱が伝えらたばかりのレバークーゼンだが、さらに復帰が期待されていたラース・ベンダーも、大腿筋の筋損傷により復帰が延びることが明らかとなった。


そのため今節のブレーメン戦では上記2選手の他、キースリング(臀部)、パパドプロス(膝)、トプラク(筋損傷)、アランギス(アキレス腱)らが欠場。


さらに、筋肉に問題を抱えるヨナタン・ターの出場も危ぶまれている。


なお今節の相手ブレーメンは、前半戦のアウェイ戦では快勝を収めたものの、その後にホームで行われたDFBポカールでは1−3で敗退。苦い経験を味わっており、シュミット監督は「特別な挑戦」に向けて「最大限の結束力」を選手たちに求めた。