ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月20日

パパドプロスが今季残り全休へ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

papa8-1458312182

木曜日に行われたEL16強ビジャレアルとのセカンドレグで、後半80分にふくらはぎを負傷して交代していたキリアコス・パパドプロスだが、腱を断裂していたことが判明。今シーズンは絶望となる可能性がでてきた。


まだ大腿筋の負傷から回復を目指すラース・ベンダーの復帰時期もいまだ未定。その一方で、ビジャレアル戦で臀部に負傷を負ったシュテファン・キースリングに関しては、日曜日の試合での復帰に期待が持たれている。


なお度重なる負傷者により、レバークーゼンはビジャレアル戦では、ウィンガーのベララビを右SBとして起用する策をとっており、シュトゥットガルト戦では若手のベンヤミン・ヘンドリクスに出場の機会が巡ってくる可能性もあるだろう。


シュミット監督は「シュトゥットガルト戦では、我々は再び限界まで力を出し切らなくてはならない。代表戦帰還後からは、負傷者たちが徐々に戻ってくることを期待しているよ」と語った。