Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月26日

守護神レノの決断は週末

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

leno8-1441794164

果たしてレノは来季もレバークーゼンのユニフォームの袖を通すのか?その決断は、週末まで待たなくてはならない。


ドイツ代表ベルント・レノとの契約は2018年まで結んでいるものの、今夏に1800万ユーロで移籍可能となる例外条項が含めれているためだ。


先週末にはレノは、改めてまだ決断を下していないことを強調。


移籍先の候補としては、来季の1部昇格が見込まれているRBライプツィヒが浮上しているほか、プレミアリーグからはトッテナムも関心を寄せている模様だ。


だがライプツィヒとの争いに関しては、レバークーゼンには交渉にあたって有利な条件がある。


まず1つ目は、来季にチャンピオンズリーグでプレーできる可能性が高いこと。そしてもう1つ目は、新天地でプレーするのとは異なりプレースタイルを変更せずに臨めるという点だ。


身長190cmの24歳の守護神は、特に後半では目覚ましい活躍を披露、キッカー採点平均は1.83と驚異的な数字をマークしている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker