ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月30日

レノの例外条項の行使は見送り

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bayer 04 Leverkusen - Eintracht Frankfurt

本日まで移籍金1800万ユーロで移籍可能となる、例外条項を契約に有していたベルント・レノだが、今回はその行使が見送られることとなった。


2011年にシュトゥットガルトからレバークーゼンに加入した同選手は、ここまでリーグ戦164試合に出場。契約は2018年まで残されており、レバークーゼン側はその延長を、できれば例外条項なしで結びたい考えだ。


前節のシャルケ戦では見事なプレーで逆転勝利に貢献した24歳には、ユース代表から切磋琢磨してきたテル=シュテーゲンの後釜としてバルサからの関心が伝えられたほか、プレミアからはトッテナム、さらには来季の1部昇格へ進んでいるライプツィヒからの関心が伝えられている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報