ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月11日

シュミット監督「トプラクの残留を願っている」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bayer Leverkusen - Hannover 96

マッツ・フメルスがドルトムントからバイエルンへと移籍したことが伝えられたが、その一方ですでにその後釜候補として、レバークーゼンのエメル・トプラクの名前が浮上しているところだ。


しかしロジャー・シュミット監督は「トプラクの移籍の話はメディア上のことでしかない。どこからもそういうシグナルは受け取っていないよ」とコメント。


さらにレバークーゼンの選手には「今夏の例外条項をもった選手がもういない」ことから、「最終決定権はあくまでクラブにある」状況だ。


ただその一方で「確かにドルトムントがあれだけのCBを失ったのだから、非常に良いCBを持つクラブには注目が集まることになるのだろうが」との見方を示しており、「最終決定を下すのはクラブと首脳陣だよ」とコメント。昨夏には多くのベテラン選手を失っているだけに、「トプラクが残留することを願っている」と語った。