ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月17日

レバークーゼン、マインツのバウムガルトリンガー獲得を目指す

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fsv8-1463402890

CBのトプラクや攻撃的MFのチャルハノールを、ボランチとして起用する事態にも陥った今シーズン経験から、レバークーゼンはマインツのオーストリア代表ボランチ、ユリアン・バウムガルトリンガーの獲得へと動いているうようだ。


マインツとバウムガルトリンガーとの契約は2019年までとなっているものの、契約には400万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれている。


空中戦に強く、フィジカル面でも非常に長けた戦略家の獲得は、来季もチャンピオンズリーグに臨むレバークーゼンの選手層にさらに厚みを持たせてくれることだろう。