Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月12日

サシャ・レヴァンドフスキ氏が44歳で他界

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

これまでレヴァークーゼンや2部ウニオン・ベルリンにて監督を務めてきたサシャ・レヴァンドフスキ氏が、水曜午後にボーフムの自宅で息を引き取った姿で発見された。


これは複数のメディアや警察によって発表されたことで、特に外部からの影響は見受けられないとのこと。レヴァークーゼンのユースを率いてきた同氏は、監督の解任に伴い2度暫定監督としてチームを率いて見事に支え、昨夏からはウニオン・ベルリンでトップチームの監督となっていたものの、今年の3月に燃え尽き症候群と診断されチームを後にしていた。


ウニオンのツィングラー会長は「深い悲しみに包まれている。サシャ・レヴァンドフスキ氏の家族や関係者にお悔やみを申し上げる」とコメント。レヴァークーゼンのシャーデCEOは「彼が死んだなんてまだ信じられない。彼は素晴らしい人物で、仕事に対して全身全霊をかけて取り組んでいた。と早すぎる死を惜しんだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker