ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月13日

DFBが2クラブに罰金所分

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

DFBスポーツ裁判所は月曜、マインツとレヴァークーゼンに対して、ファンがとった不適切な行動によりそれぞれに罰金を命じた。


マインツが問われたのは2月20日に行われたホッフェンハイム戦で、試合前に多くの火気類が使用された他、試合開始直後には煙弾も使われた。さらに4月16日のヴォルフスブルク戦でも多くの火気類が使用されており、これらに対してDFBは1万ユーロの罰金を命じている。


またレヴァークーゼンが問われたのは、ケルン戦で煙が焚かれた件についてであり、こちらの罰金の金額をは5000ユーロとなった。


両クラブともこの処分を受け入れており、すでに確定済みとなっている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報