ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月07日

ベンダー兄弟が五輪代表候補に

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TSV 1860 München - Sven und Lars Bender

リオ五輪に向け今月14日には代表メンバーが発表されることになるが、果たしてどのようなメンバーで臨むことになるのか。


既にユーロ2016に参加した選手の五輪参加は避ける方針が確立しており、これによりバイエルンのジョシュア・キミヒ、シャルケのリロイ・サネ、レバークーゼンのヨナタン・ター、そしてドルトムントのユリアン・ヴァイグルが候補から外れることになる。


そのため特に、ボランチのキミヒとヴァイグル、CBのターといった中央でのディフェンダーの穴がきになるところだが、kickerが得た情報によればオーバーエイジ枠を利用して、スウェン・ベンダーとラース・ベンダーの、ベンダー兄弟がリストアップされている模様だ。


現在はドルトムントとレバークーゼンと、別のチームでしのぎを削っている二人だが、その前は故郷のブラネンブルクにはじまり、ウンターハッヒング、1860ミュンヘンと、ともにプレーし続けててきた経歴を持つ。


ラース・ベンダーが所属するレバークーゼンでマネージャーを務めるボルト氏は、「もしもラースが希望するなら話し合うことになる」との考えを示した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報