Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月02日

レヴァークーゼン、ミリクの移籍で512万ユーロ獲得

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1470126815

レヴァークーゼンは現バイエルンのレシュケTDに、改めて感謝することになった。元レヴァークーゼンのアルカディウス・ミリクがナポリへと移籍したのだが、kickerが得た情報によればその移籍金のうち16%がレヴァークーゼンへと支払われる模様。


そしてその移籍金額は3200万ユーロ(+ボーナス100万ユーロ)で、計算ではレヴァークーゼンは512万ユーロを手にすることになる。


フェラーSDは「彼がうちでうまくいかなかったのは残念だが、しかしブンデスが彼にはまだ早すぎたのだ。それはアウグスブルク時代をみてもわかる。ただその後の移籍にも関わることができたのはよかったね」と笑顔をみせて答えた。


2013年にミリクが18歳の時に獲得した際には、フェラーSDは「おそらくポーランドで最も大きな才能をもった一人だろう」と評価。高い期待をかけていたものの、レヴァークーゼンではリーグ戦わずか6試合の出場にとどまり、翌年にはアウグスブルクへといレンタル移籍。しかしそこでも結果を残せず18試合で2得点。2014年にはアヤックスへ。そしてその2年間で活躍を見せたミリクは、今夏に行われたユーロでも好パフォーマンスを披露。8強入りに貢献している。


Trainingslager Bayer Leverkusen
なお月曜午後から行われた練習では、元ラグビー・スペイン代表選手のチェマ・ボルケス氏指導の下、ラグビーとサッカーをミックスしたトレーニングに、選手たちは汗を流した。


しかしそこには、臀部の問題を抱えるシュテファン・キースリングの姿はなく、フィットネストレーニングに勤しんでいる。痛みはもうないとのことで8月の後半からのチーム練習復帰を視野にいれているところだ。


260x195_uQPodkMt68またその一方で、内転筋に問題を抱えていたユリアン・バウムガルトリンガーはフルメニューをこなしており、「全部に参加できるというのは、メンタル的にもいい気分だよ」と語っている。

なおキャンプからは若手4選手が、週末にニュルンベルクで行われるU19のミニトーナメントに参加するため離脱した。この大会ではレバークーゼンのほか、ドルトムント、バイエルン、モナコ、マンチェスター・シティなどが参加する。
フェラーSDは「彼らはとても存在感を見せていたよ」と賛辞を送った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker