Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月05日

フィオレンティーナ戦を賞賛するシュミット監督

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1470390510 先日行われたフィオレンティーナとのテストマッチで快勝を収めたレバークーゼン。シュミット監督は3−1という結果だけでなく、その試合内容にも満足感を示した。





監督:ロジャー・シュミット

とてもいい締めくくりとなったね。タフなトレーニングキャンプでの練習を行っていたが、良いサッカーをみせることができたし、練習で重点を置いていた多くのことを実践に移す事ができたよ。だからこの試合、そしてトレーニングキャンプに満足感を感じている。


常にチームのための戦いをするということ。もしも強い一体感を持って、思い描いていることに取り組めるのであれば、いかに我々が良いサッカーをするのかというものを見てもらえたと思う。特に賞賛するなら、このチームがみせたチームスピリットだよ。


このチームがもっている雰囲気はいいね。とても大きな喜び、結束、そして集中的な取り組みがうまくミックスされているんだ。これはさらに前に進むための足場となるものだよ。キャンプはさらなる結束とプレーの改善という点で、とても好影響をもたらしてくれた。


ベースはあるし、それを少し磨きをかけることができている。これからはもっと明確に物事に取り組むこと、いくつかの守備の状況でもっとうまく解決策をみつけていくことだ。ただこういった試合の後では、ただ素晴らしかったとしか言いようがないけどね。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker