Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月16日

チャンスを模索する復帰組エツトナリ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

今夏にブレーメンからレヴァークーゼンに復帰したレヴィン・エツトナリにとって、今回のキャンプは特に目新しいものではない。「2年前にここにいたからね」


しかし1年半のブレーメン在籍期間でブンデス50試合に出場してきた今と、当時若干18歳の若者だったあのころでは、確かにまだ学ぶべき立場にあるとはいえ、チームの助けにもなれると考えている。「確かに選手層はとても厚いけど、でも試合はたくさんあるからね」とエツトナリ。


チャンピオンズリーグが控える今シーズンは、シュミット監督はローテーションを行う考えであり、エツトナリにも先発のチャンスはあるだろう。


シュミット監督は「理想をいえば、全選手にプレーの機会を与えたい。それなら、急に起用されたときにもっと力を発揮できるものだ」とコメント。昨季は相次ぐ主力の離脱に苦しんだだけに、「おそらく選手層を厚くすることが、1つの答えではないか。特にシーズン終盤で選手が息切れした時などでね。それはユーロでもトッププレーヤーが見せていたものだよ」との考えを示した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker