ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月29日

ポーヤンパロ、グラードバッハの地でアピール

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Borussia Mönchengladbach - Bayer Leverkusen

ジョエル・ポーヤンパロがレヴァークーゼンへと加入したのは、今から3年前のことだ。そして遂にレヴァークーゼンでのデビュー戦の時を迎えたフィンランド代表FWは、投入からわずか114秒後に歓喜の瞬間を迎えている。


ブンデス1部初出場で初得点をマークした21歳について、フェラーSDは「うれしいね。準備期間でとても精力的に取り込んでいたのだが、残念ながらテストマッチではツキに見放されたところがあった。この日までとっておいたのかな?」と喜びをみせたものの、「しかしそれが勝ち点に繋がらなかったのは残念だけどね」と、その後に追加点を許しての敗戦を悔やんだ。


加入から2部アーレン、そしてデュッセルドルフへとレンタル移籍していたポーヤンパロ。今夏には移籍候補とさえ目されていたものの、シュミット監督は「まだ若いCFだ。これからも成長させていきたいし、得点は自信に最適だよ」と評価。移籍の考えはすでにない。


さらにポーヤンパロには、このグラードバッハの地で再びアピールをするチャンスが待ち受けている。水曜日にはシュヴァインシュタイガーの引退試合を兼ねたフィンランド代表とのテストマッチが行われるのだが、当然そこにはポーヤンパロの姿もあることだろう。


Olympics 2016 Football Salvador SALVADOR BA 04 08 2016 OLYMPICS 2016 FOOTBALL SALVADOR Ryu Seuその一方で構想外となっているリュ・スンウについては、フェレンツヴァーロシュTCへの移籍へ間近に迫っている。昨季は2部ビーレフェルトにレンタル移籍していた韓国人MFは、今夏に行われた五輪でフィジー戦にてハットトリックをマーク。ドル監督の下では1年間のレンタル移籍でプレーすることになる模様。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報